【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」
2020/11/29 2021/01/02
記事筆者: 英語・外国語記事
【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」
「おうち英語」や「親子英語」という言葉を、最近ではよく見かけるようになりました。書店でも、子どもの英語教育に関する書籍は年々増えてきています。 おうちで英語教育を始めてみようと考え始めている方や、実際におうちで英語教育に取り組んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、今後の英語教育の必要性や幼児期から始めるメリット、具体的な英語学習法や教材をご紹介いたします。 実際に英会話教室で使用している教材もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

1.今後の英語教育、なぜ必要?

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」

「2020年英語教育改革」において、小学校での英語学習が本格的に始まった他、大学入試の英語が外部試験に代替されることになるといったニュースは、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

大学入試の外部試験利用はひとまず延期にはなったものの、今までの「読む・書く」を重視した試験から、「話す・聞く」を含む4技能を試験する内容へと移行する段階にきていることは確かです。

今まではいくら英語を聞いたり話したりできるようになったとしても、結局受験では重視されないから意味がない、という妙なずれがありましたが、今後は英語が「読める・書ける」ことはもちろん、英語が「話せる・聞ける」ことも進学において必須のスキルとなることは間違いありません。

また、「2020年英語教育改革」の影響は、中学受験にも及んでいます。
小学5年生で英語が教科化されたことから、中学受験でも英語入試を取り入れる中学校が増え、首都圏では英語入試を実施する中学校がここ5年で約8倍増加しています。
それだけではなく、英語力のある生徒は学科試験自体が免除になったり、授業料が免除になったりと、優遇措置がとられる中学校が非常に増えてきています。

社会に出てからも、今は様々な企業で採用や昇進時にTOEICスコアを条件として提示していますので、今や希望の進路に進むために英語力は必要不可欠なものとなっているのです。


2.幼児期から始める英語教育の”メリット”は?

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」

英語耳を残しておける!

人間の耳の機能は3才頃までにほぼ完成されるといわれています。
生まれたばかりの赤ちゃんはどんな音でも聞き取れますが、成長するにつれてあまり聞いたことのない音は必要のない音と判断され、聞こえなくなっていきます。
そのため、3才頃までに英語の音を頻繁に聞いていなければ、英語の音を聞き分けるのが難しい耳が完成してしまうのです。
3才頃までに英語の音を聞き分けられるようにしておく
⇒「英語の耳を残しておく」

3才以降に英語の音を聞き分けられるようにしていく
⇒「英語の耳を鍛える」

そんなふうに考えるとわかりやすいかもしれません。
「残しておく」と「鍛える」を比べると、残しておく方が圧倒的に簡単ですよね。


日本語を介さずに英語を学べる!

小学校就学前頃になると、大人と支障がなく会話ができるようになってきますが、それは日本語を介して覚える英語が増えてきていることを意味します。
また、学校での英語学習が本格的に始まる10才頃には言葉の概念が完成しますので、日本語を介さずに学習することはほぼ不可能と考えて良いでしょう。

もちろんその年齢に最適な英語学習という観点から考えれば、日本語を介することを活かしたカリキュラムが有効ですが、英語教育の最終的に目指すところは日本語を介さずに英語を使いこなせるようになることですので、幼児期から始めて日本語を介するステップを省けることは、英語習得において圧倒的に有利になります。


英語を使うことが当たり前になる!

「英語を使うことが当たり前になる」とはどういうことかというと、私たちが「よし、これから1時間、日本語を話すぞー!」と意識することがないように、英語が生活にあって当然のものになり、英語を英語として意識しなくなるということです。
実際に、幼児期からの英語教育に成功されたご家庭のインタビューや書籍などを読むと、「英語は勉強するものだと思っていなかった。」というお子さんがとても多いのです。

幼児期から当たり前のように英語が生活の中にある環境で育ってきていれば、英語で話したり遊んだりする、英語でアニメを見る、英語で本を読む、というように英語を手段として使うことはあっても、英語を勉強すること自体が目的にはなりにくいのです。


英語のインプット時間をたっぷり確保できる!

英語を早く始めれば始めるだけ、英語に触れる時間が増えることは言うまでもありません。
私たちも生まれた瞬間から毎日日本語に触れ続け、その積み重ねで日本語を話せるようになりましたよね。
英語が話せるようになるためにも、日本語と同じように、ある程度の量のインプットが必要なのです。

早ければ早いほど英語を話すために必要なインプット量に早く到達することができるため、その分英語を話しだすのも早くなるというわけです。


3.おうちで始める幼児期の英語教育、具体的な方法は?

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」
英語学習として英会話教室へ通うのもとても良い方法ですが、英会話教室に通うとしても英語学習にはおうちでの取り組みが必要不可欠になってきます。

現役英会話講師という立場からお伝えすると、学習効果を考えれば、できることなら毎日レッスンをしてあげたいのが本音です。 しかし、あくまでも英会話教室は「習い事」であり、毎日レッスンに来てもらうことは現実的ではありません。 そのためほとんどの英会話教室ではおうちでの家庭学習を推奨しているのです。

幼児期の段階では英語力の差はそこまで目に見えてきませんが、おうちでしっかり取り組んでいるご家庭とそうでないご家庭とでは、英語学習が「読み・書き」の段階に入ったときに英語力の差がはっきりとしてきます。 ぜひ、幼児期からたくさんの英語に触れさせて、英語力の貯金をしてあげてくださいね。

ここからは、幼児期から英語教育を始めるために、おうちでできる具体的な学習方法や教材、絵本などをご紹介していきます。
教材については、実際に今英会話教室で使用している教材を中心に厳選していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


幼児期の英語教育の学習法については、「【早期英語教育の注意点】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【幼児編】」で詳しく解説しています。


幼児期の英語教材については、「【歌詞付き本やCDとパズル】元英会話講師厳選!時期別のおすすめ英語教材まとめ【幼児編➀】」で詳しく解説しています。


幼児期の英語絵本については、「【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】」で詳しく解説しています。

英語・外国語の教室はこちら

英語・外国語に役立つ記事はこちら

英会話講師おすすめ1位!子ども向けオンライン英会話「ネイティブキャンプ」

英会話講師おすすめ1位!子ども向けオンライン英会話「ネイティブキャンプ」

a
英会話講師が選ぶ「子ども向けオンライン英会話」おすすめ【BEST3】はここ!

英会話講師が選ぶ「子ども向けオンライン英会話」おすすめ【BEST3】はここ!

a
【まとめ】「子ども向けオンライン英会話」ってどう?英会話講師が教える”選び方”のポイント

【まとめ】「子ども向けオンライン英会話」ってどう?英会話講師が教える”選び方”のポイント

a
【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「小学生の英語学習法」

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「小学生の英語学習法」

a
【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」

【まとめ】現役英会話講師が紹介!おうちでできる「幼児期の英語学習法」

a
英会話講師おすすめ!ハロウィンをおうちで楽しめる「英語教材」まとめ

英会話講師おすすめ!ハロウィンをおうちで楽しめる「英語教材」まとめ

a
英会話講師厳選!英語学習におすすめ”DVD・無料動画教材”まとめ【小学校低学年編】

英会話講師厳選!英語学習におすすめ”DVD・無料動画教材”まとめ【小学校低学年編】

a
【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】

a
【歌詞付き本やCDとパズル】元英会話講師厳選!時期別のおすすめ英語教材まとめ【幼児編➀】

【歌詞付き本やCDとパズル】元英会話講師厳選!時期別のおすすめ英語教材まとめ【幼児編➀】

a
【家での教え方】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】

【家での教え方】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】

a
【早期英語教育の注意点】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【幼児編】

【早期英語教育の注意点】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【幼児編】

a

よく読まれている記事

【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】
何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】
中学受験の勉強の範囲はどこまで?独学でやっていけるのか
【小学校受験】いつから準備すればいいか教えます【幼児教室】
小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?
sidebanner
sidebanner