【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】

  • 2020/07/24
  • 藤 ひつじ
【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】
「元英会話講師厳選!時期別おすすめ英語教材まとめ【幼児編①】」では、3~6才の幼児におすすめのCDやアルファベットパズルなどの英語教材をご紹介しました。
今回は幼児への読み聞かせにおすすめの英語絵本をご紹介していきます。

藤ひつじのプロフィール
公立進学校(高1~高3)で英語を指導
公立中学校(中1~中3)で英語を指導
特別支援学級で英語を指導。
大手塾で中1~中3を対象に英語・国語を指導
英会話講師として幼児~高校生を指導
現在は未満児クラスで1歳児に英語レッスンをしています

1.読み聞かせにおすすめの「しかけ」英語絵本

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】


Peek-a-Booシリーズ

「いないいないばあ」の英語バージョンの絵本です。
「Peek-a-Boo!(いないいないばあ)」と言いながら動物の手を開いて顔を出すことができるので、子どもが大喜びしてくれます。
左ページに割と長めの文章が書いてありますが、そこは飛ばして「Peek-a-Boo!PIG!」と言ってあげるだけでも十分楽しむことができますよ。
Farm(牧場の動物)とZoo(動物園の動物)の2種類がありますので、動物が好きなお子様なら2つ購入しても良いかもしれません。


Spotシリーズ

日本語版では「コロちゃんシリーズ」として人気の絵本です。
定番は「Where’s Spot?」ですが、その他にも様々なテーマの英語絵本が揃っています。
めくって楽しめるしかけ絵本なので、めくる部分を子どもにやってもらうと、最後まで集中して見てくれますよ。


Maisyシリーズ

日本語版では「メイシーちゃんシリーズ」として人気の絵本です。
ストーリーは豊富にありますが、「Lift-the-Flap」と絵本の表紙に書かれているのがしかけ絵本ですよ。
絵のタッチやメイシーちゃん以外に登場するキャラクターもとてもかわいいので、私も大好きなシリーズです。
車好きのお子様には、様々な種類の車が出てくる「Beep, Beep, Maisy!」もおすすめですよ。
年長さんには、天気や宇宙、植物、動物について学べる「A Maisy First Science Book」や、時間について学べる「Maisy's First Clock」もおすすめですよ。

▽天気を学べるMaisyシリーズの一冊


2.読み聞かせにおすすめの「しつけ」英語絵本

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】


Karen Katz しつけシリーズ

Karen Katzの英語絵本は、しつけ絵本として大人気のシリーズです。
定番は「Excuse Me!」ですが、その他にも「I Can Share」「No Hitting!」「No Biting!」などもおすすめ。
しかけ絵本なので、楽しく読み進めることができますよ。


Leslie Patricelli しつけシリーズ

おトイレや歯磨きなど、生活習慣のしつけにおすすめのシリーズです。
「Potty」「Toot」「Tooth」「Tubby」「Nighty-night」「Hair」が生活習慣に関わる英語絵本。
トイレトレーニング中だったり、歯磨きを嫌がったりなど、生活習慣のしつけに困っているタイミングで楽しんでみるのもおすすめですよ。


3.読み聞かせにおすすめの「季節のイベント」英語絵本

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】


Karen Katzシリーズ

季節のイベントを扱った英語絵本は様々ありますが、私のいちおしはKaren Katzシリーズ!
イベントごとに知っておいてほしい単語が、しかけを通して楽しく学べる構成になっています。
また、キラキラ素材になっているので、大人でも見ているだけでワクワク!
私も全種類持っている、イベントで大活躍してくれる英語絵本です。
イベント英語絵本としては「Where is Baby’s Pumpkin?」「Where is Baby’s Christmas Present?」「Where is Baby’s Valentine?」「Where is Baby’s Easter Eggs?」がありますよ。


My firstシリーズ

季節のイベントを学べるシンプルな英語絵本です。
海外ではそれぞれのイベントでどのようなことをするのか、イベントに関わる単語だけではなく文化も一緒に学ぶことができるのでおすすめ。
「My first Halloween」「My first Christmas」「My first Easter」の3種類がありますよ。


4.幼児期におすすめの「アルファベット&単語」英語絵本

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】


A is for Apple

アルファベットと、アルファベットを頭文字にした単語が学べる英語絵本です。
アルファベット部分が溝になっていて、指でなぞることができるのがおすすめポイント!
また、アルファベットはできるだけ様々な字体のものを見せてあげたいので、アルファベットパズルを使用している方にも併用をおすすめします。
単語部分はめくることができるしかけになっているので楽しく読み進められます。
最後まで一気に読むと長く飽きてしまいますので、今日は「A~F」まで!など区切れをつけて使用するのがおすすめです。


My first words let’s get talking

最初に購入する英語の絵辞典におすすめの英語絵本です。
この絵辞典のおすすめポイントは、全てイラストではなく写真で載っている点。
イラストだけではなく実物に近い写真とも単語を一致させることは大切なので、一冊は持っておきたい絵辞典です。
また、図形や色、数字なども載っていますので、幼児期に知っておいてほしい単語がたっぷり詰まっていますよ。
ただ、CDや音声ペンは付いていないので、保護者の方が隣で発音してあげる必要があります。


アルク えいご絵じてんSUPER

アルク「えいご絵じてんSUPER」は、リニューアル発売されたばかりの絵辞典です。
お値段は14,960円と少々値は張りますが、音声ペンが付属で、2200語の単語がいつでもどこでも簡単に再生可能!
幼児にも使いやすく「イラスト=英語音声」をどんどん吸収できますので、私が調べた限りこの絵辞典が一番おすすめです。
英語の絵辞典には英語と一緒に日本語が載ってしまっているものも多いのですが、この絵辞典は英語のみが書かれているのでその点もばっちりですよ。

5.まとめ

さて、今回は幼児への読み聞かせにおすすめの英語絵本をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
私が実際に購入し、英語レッスンで使用している英語絵本を中心にご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

〔参考〕

・沢井竜太『LDK特別特集 こども英語完全ガイド』晋遊舎, 2016年


・船津徹『世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方』大和書房,2019年

英語・外国語の教室はこちら

英語・外国語に役立つ記事はこちら

【教育現場で使用】英会話講師厳選!読み聞かせにおすすめの「英語絵本」まとめ【幼児編➁】

今回は幼児への読み聞かせにおすすめの英語絵本をご紹介していきます。

【歌詞付き本やCDとパズル】元英会話講師厳選!時期別のおすすめ英語教材まとめ【幼児編➀】

0~3才、3~6才、6~9才、9~12才と、それぞれの時期におすすめの英語教材を具体的にご紹介していきます。

【家での教え方】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】

6~9才、9~12才それぞれの時期に効果的な学習法と、英語学習を途中から始めた場合のアドバイスをご紹介していきます。

【早期英語教育の注意点】何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【幼児編】

バイリンガル育児や英語教育関連の本を読み漁ってきた知識と、2才~高校生までの子どもたちに英語を指導してきた経験から結論を出した、効果的な英語の学習法をご紹介していきます。

よく読まれている記事

小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?
中学受験の勉強の範囲はどこまで?独学でやっていけるのか
何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】
【キッズ向け】トゥシューズの選び方とカスタマイズ方法【バレエシューズ】
中学受験で「伸びない子」には原因がある