オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選
2021/07/16 2021/07/16
記事筆者: 音楽・芸術記事
オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

新型コロナウイルスの影響で、通っていたピアノ教室のレッスンが、対面からオンラインに切り替わったという人は多いのではないでしょうか。 画面越しのレッスンは、対面よりもやりづらい部分があり、これまで通りの高い月謝を払うべきか考えてしまいますよね。
場合によっては、オンラインレッスンを専門に行なっている教室に乗り換えた方がいい可能性もあります。

そこでこの記事では

・オンラインピアノレッスンの月謝相場

・対面とオンラインの月謝の違い

・格安のおすすめオンラインピアノ教室


について解説していきます。
最後まで読めば、納得できる月謝のオンラインピアノ教室が見つかることでしょう。



1.オンラインピアノレッスンの月謝相場は9,000円

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

小学生を対象にした30分間のレッスンを月3回受けた場合、入会金等は除いて、オンラインピアノレッスンの月謝相場は9,000円程度。
対象となる生徒の年齢やレッスン時間、回数といった要素は教室によって異なるので、もちろん料金は前後します。あくまでも目安としてとらえておきましょう。

しかし、今あなたが受けているレッスンの月謝が相場よりもかなり高い場合は、同じくらいのクオリティのレッスンをもっと安く受講できる可能性もあります。



2.一般的には対面よりもオンラインレッスンの方が月謝が安くなる

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

オンラインレッスンのみを開講しているピアノ教室は、対面レッスンが中心のピアノ教室に比べて、料金が安い傾向にあります。

講師がたくさんいるピアノ教室の場合、スタジオを何部屋も用意しなければならず、「場所代」がかかります。 こういった、どうてもかかってしまう固定費を、「会費」や「入会金」という形で生徒に負担してもらうため、月謝が高くなりやすいのです。

しかしオンラインであれば、講師一人ひとりが自宅でレッスンを行うので、場としての教室を用意する必要がありません。 さらに、せまい教室では難しい複数人でのグループレッスンも、オンラインであれば簡単に実施することができます。
一度に教えられる生徒の数が増えることで、レッスンの回転率がよくなり、低価格を実現しやすいのです。



3.個人経営のピアノ教室はオンラインレッスンの月謝を値下げしづらい

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

全国に何か所も教室を抱えているような大手ピアノ教室の場合、全ての店舗でマニュアルを統一したり、大勢の生徒を一度にレッスンするなど、オンラインレッスンの体制が整えやすい環境にあります。

しかし、個人経営のピアノ教室の場合、大手ピアノ教室と同じようにはいきません。 機材を用意したり、レッスン内容を変更するなど、先生個人に大きな負担がかかります。 対面よりもかえって仕事が増えてしまい、慣れないうちは生徒数を減らすなどの対応をとっている先生も少なくはなく、値下げが厳しいのが現状です。

「レッスンの質が落ちたのに、料金はそのままで納得がいかない!」
という場合は、オンラインレッスンを得意とする格安の教室に乗り換えた方がベターな選択と言えるでしょう。



4.格安で利用できるオンラインピアノ教室3選


続いては、格安で良質なオンラインレッスンが受けられるピアノ教室を3つご紹介。
特長を見比べながら、希望にマッチする教室を選んでみてくださいね。


①とにかく安さにこだわるなら「Vox-yオンライン音楽教室」



業界最安値を誇る、「Vox-yオンライン音楽教室」。
価格の安さはもちろん、講師一人ひとりがこだわりの機材を使って自宅でレッスンを行っており、音質・画質といった設備面での安心感にも定評があります。

料金 45分間・1回あたり
2,642円(税込2,907円)~
※7回分レッスンチケットを購入した場合
その他必要な費用 なし
対象年齢
使用ツール Zoom

おすすめポイント

・業界最安値の料金設定

・お試し無料レッスン(30分間)あり

・入会費・休会費・決済手数料等、レッスン料以外の料金が一切かからない


\ 『お試し30分レッスン』も用意 /



②色々な先生のレッスンを試したいなら「カフェトーク」



世界中の講師から、あらゆる分野のレッスンを受けられる、巨大オンラインレッスンサービス「カフェトーク」。 レッスンは基本的に単発の買い切り型で、数多くのピアノ講師が独自のレッスンを販売しているため、相性のいい先生が見つかるまで気軽にお試しレッスンを受けたい人に最適です。

料金 【一例】 25分間・1回あたり
2,500円(税込2,750円)
※レッスン時間と料金は講師によって異なる
その他必要な費用 なし
対象年齢 3歳~大人
使用ツール Zoom・skype ほか

おすすめポイント

・講師やレッスンメニューの数が豊富

・1回買い切り型で、好きなペースでレッスンが受けられる

・海外の講師も多い


\ オンラインピアノレッスン! /



③パソコンが苦手なら「アーツピアノオンラインスクール」



オンラインならではの不安を解消してくれる「アーツピアノオンラインスクール」。
必要な機材の揃え方からskypeの使い方まで、わからないことはサポーターが教えてくれます。
子どもの音感やリズム感を養うレッスンにも力を入れており、コストパフォーマンスの高い教室です。

料金 25分間・月3回
7,000円(税込7,700円)~
その他必要な費用 なし
対象年齢 3歳~大人
使用ツール skype

おすすめポイント

・無料体験レッスンあり

・パソコンが苦手な人でもサポーターが手伝ってくれる

・絶対音感やリズム感などの能力を育てるレッスンあり

\ スクール開校30年以上の経験と実績 /


5.まとめ:よく吟味して納得のいくオンラインピアノ教室選びを

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

毎月かさむ費用だからこそ、できるだけ安く抑えたいピアノ教室の月謝。
しかし、価格ばかり優先して、レッスンの質が落ちてしまっては元も子もありません。

場所にとらわれないオンラインレッスンは、教室の選択肢が豊富にあるのが魅力のひとつ。
価格とレッスンの質を天秤にかけながら、無料の体験レッスンなどもうまく活用して、「自分にとってベストなピアノ教室」を見つけてくださいね。





音楽・芸術の教室はこちら

音楽・芸術に役立つ記事はこちら

子供のピアノを応援したい!親が弾けなくてもOKな理由とサポート法

子供のピアノを応援したい!親が弾けなくてもOKな理由とサポート法

a
家にピアノがない人でも教室に通える!知っておくべき6つの選択肢

家にピアノがない人でも教室に通える!知っておくべき6つの選択肢

a
1レッスン4千円以内!5つの安いオンラインピアノ教室を徹底比較

1レッスン4千円以内!5つの安いオンラインピアノ教室を徹底比較

a
オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選

a
難しい設定はナシ!機材2つでできるオンラインピアノレッスンのやり方

難しい設定はナシ!機材2つでできるオンラインピアノレッスンのやり方

a
【練習したい】ピアノを購入するメリットとピアノを買わない選択肢【レンタルや電子ピアノは?】

【練習したい】ピアノを購入するメリットとピアノを買わない選択肢【レンタルや電子ピアノは?】

a
【初心者向け】習い事としてのピアノを弾くメリットと継続のコツ【大人も子供も】

【初心者向け】習い事としてのピアノを弾くメリットと継続のコツ【大人も子供も】

a
【初心者向け】即効で弾けるようになるピアノ上達法を教えます【おすすめ】

【初心者向け】即効で弾けるようになるピアノ上達法を教えます【おすすめ】

a
【バレエ教室】バレエを習うことで得られる8つのスキル【メリット】

【バレエ教室】バレエを習うことで得られる8つのスキル【メリット】

a
【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?【習い事費用の内訳】

【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?【習い事費用の内訳】

a
【キッズ向け】トゥシューズの選び方とカスタマイズ方法【バレエシューズ】

【キッズ向け】トゥシューズの選び方とカスタマイズ方法【バレエシューズ】

a
【長く続けられる】子どもに合うバレエ教室を選ぶ6つのポイント【子供のバレエ教室】

【長く続けられる】子どもに合うバレエ教室を選ぶ6つのポイント【子供のバレエ教室】

a
バレエは美意識を育てる習い事!メリットたくさんバレエ教室の世界

バレエは美意識を育てる習い事!メリットたくさんバレエ教室の世界

a

よく読まれている記事

中学受験の勉強の範囲はどこまで?独学でやっていけるのか【4教科の出題範囲】
【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】
小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?
【小学生編1】何から始める?英会話講師おすすめ効果的な英語学習法【家での教え方】
【小学校受験対策】いつから準備すればいいか教えます【お受験幼児教室】
小学校受験は共働き・保育園からでも可能?
お受験経験者が選ぶ!小学校受験で使える教材とツールを紹介します【これから検討される方向き】
中学受験はいつから始めるべきか?小5、小6でも間に合うのか
中学受験で「伸びない子」には原因がある
【小学校受験】子供&親のストレスと上手に付き合う方法


sidebanner
sidebanner
sidebanner