小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い
2022/02/12 2022/02/12
小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い
小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い
  • 小学校受験をすると、具体的にどんな良いことがあるの?
  • 中学校受験じゃだめなの?

お子さんの小学校受験を検討されている親御さんのなかには、こういった疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、小学校受験をすることで得られる特有のメリットというものは存在します。
本記事では、小学校受験のメリットについて知りたい親御さんに向けて

・小学校受験をするメリット
・小学校受験をするデメリット
・中学・高校受験と比べたときのメリット
・メリット・デメリットのどちらを取るかの判断基準

を紹介します。
最後まで読めば、小学校受験をすることで得られるメリットとデメリットが正確に把握でき、お子さんに合わせた今後の判断ができるようになりますよ。



1.小学校受験をするメリット

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

小学校受験をすることで得られるメリットとして代表的なものは、主に以下の4つです。
・共通の目標を持つことで家族の絆が深まる
・教育方針に合わせて学校を選べる
・教育環境を整えてあげられる
・付属校の場合は中学校以降の受験が必要ない

幼いうちから「受験」という経験を積むことで家族に一体感が生まれ、さらに学習環境の整った小学校で学習に集中することができます。

「語学に力を入れている学校」「スポーツに力を入れている学校」など、お子さんの能力や適性に合わせた学校を選んで、思い切り伸ばしてあげられる可能性が高いのは重要なポイントですね。



2.小学校受験をするデメリット

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

さまざまなメリットがある小学校受験ですが、良い面しか見ずに受験を決めてしまうのは危険です。

以下の3つのデメリットについても、しっかりチェックしておきましょう。
・お金がかかる(授業料・行事など)
・場所によっては通学が大変(電車・送迎など)
・本人にとってストレスになる可能性がある

私立の小学校に通わせる場合、当然ながら6年分の学費が余分にかかることになります。
いくら小学校受験にメリットを感じていても、学費の支払いに苦労することになっては、元も子もありませんよね。
ご自身の家庭に経済的なゆとりがあるのか、一度シミュレーションしてみる必要があります。

また、小さいお子さんを公共の交通機関で通学させるのも、慣れないうちは親御さんにとって心配なポイントなのではないでしょうか。



3.中学・高校受験と比べたときのメリット

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

小学校受験のメリット・デメリットについて把握したところで、続いて気になってくるのが「中学受験や高校受験とでは、どう違うの?」という問題。

小学校受験が中学・高校受験と比べて優れている要素は、主に2つ。
・学校選びに関して親の発言力が強い
・多感な時期に受験を回避し、やりたいことができる

それぞれどんなメリットか、詳しく見ていきましょう。


学校選びに関して親の発言力が強い

中学生、高校生と年齢が上がってくるにつれ、当然ながら、お子さんに自我が芽生えてきます。
中学受験や高校受験の場合、100%親が志望校を決めるのは難しくなってきます。
子供のためを思って勧めた学校が本人は気に入らないなど、意見が割れることもあるでしょう。
学校選びに難航すると、受験で親子の足並みを揃えるのが難しくなるもの。
親の発言力が強い分、小学校受験の方がスムーズに学校を選べる可能性が高いのです。



多感な時期に受験を回避し、やりたいことができる

小学校受験をして大学までの一貫校に入学した場合、小学6年生・中学3年生・高校3年生という節目に受験をする必要がなくなります。

受験はその後の人生を左右する大きなイベントではありますが、多大な時間と労力を消費するもの。
活力溢れる10代の貴重な時期を、自分のやりたいことに100%全力投球できるというのは、お子さんにとってかけがえのない経験なのではないでしょうか。



4.メリット・デメリットの比較は学校探しをしながら行う

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

これまで、小学校受験のさまざまなメリットやデメリットを紹介してきました。
結局のところ、小学校受験をするかどうかの判断基準は、「環境」と「お金」のどちらを取るかという話になってきます。

ただし、入学後どのように過ごすかは本人次第なので、「お金さえ払えば充実した学校生活が送れる」とは限りません。 親御さんサイドは、あくまでも「学習環境を整備してあげるだけ」ということを心に留めておく必要があります。

これらのことを考慮したうえで、まずは自宅から通える範囲の国立・私立小学校について調べてみるのがおすすめです。
良さそうな小学校の候補が見つかったら、以下のような要素を比較していきましょう。

・教育方針
・授業のカリキュラム
・設備
・学費

これらの要素を「この額の学費を払うだけの価値があるか」という観点で天秤にかけ、受験をするかどうか、またどの学校を選ぶかを決めていきましょう。


5.まとめ:メリットとデメリットを比較しお子さんと家庭に合わせた選択を

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い
小学校受験をすることでしか得られないメリットはたくさんあるものの、同時にデメリットも存在します。
両者を比較したうえで、ご自身の家庭やお子さんの幸せのために、小学校受験が必要かどうかを検討してみてはいかがでしょうか。
本記事の内容が、少しでも参考になれば幸いです。



小学校受験をするべきかについては、「【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】」の記事でも一つの方法を紹介しています。





小学校受験の教室はこちら

小学校受験に役立つ記事はこちら

小学校受験と中学校受験どちらを選ぶべき?メリットや費用を徹底比較

小学校受験と中学校受験どちらを選ぶべき?メリットや費用を徹底比較

a
小学校受験はどんな対策をすればいい?5つのポイントで詳しく解説

小学校受験はどんな対策をすればいい?5つのポイントで詳しく解説

a
小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

小学校受験のメリットとは?デメリットとの比較や中学受験との違い

a
「小学校受験=意味がない」とは限らない!判断するための基準とは

「小学校受験=意味がない」とは限らない!判断するための基準とは

a
小学校受験に向き不向きはある?一般的な特徴とサポート方法を解説

小学校受験に向き不向きはある?一般的な特徴とサポート方法を解説

a
お受験経験者が選ぶ!小学校受験で使える教材とツールを紹介します【これから検討される方向き】

お受験経験者が選ぶ!小学校受験で使える教材とツールを紹介します【これから検討される方向き】

a
【小学校受験対策】いつから準備すればいいか教えます【お受験幼児教室】

【小学校受験対策】いつから準備すればいいか教えます【お受験幼児教室】

a
【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】

【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】

a
小学校受験は共働き・保育園からでも可能?

小学校受験は共働き・保育園からでも可能?

a
【小学校受験】子供&親のストレスと上手に付き合う方法

【小学校受験】子供&親のストレスと上手に付き合う方法

a
【お受験準備いつから?】小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?【幼児教室】

【お受験準備いつから?】小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?【幼児教室】

a
【小学校受験】塾・幼児教室の失敗しない選び方【お受験】

【小学校受験】塾・幼児教室の失敗しない選び方【お受験】

a

よく読まれている記事

【小学生編1】何から始める?英会話講師おすすめ効果的な英語学習法【家での教え方】
中学受験の勉強の範囲はどこまで?独学でやっていけるのか【4教科の出題範囲】
小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?
日本の教育の歴史!学習指導要領改訂による教育の移り変わりを時代背景とともに解説!
【小学校受験対策】いつから準備すればいいか教えます【お受験幼児教室】
お受験経験者が選ぶ!小学校受験で使える教材とツールを紹介します【これから検討される方向き】
【共働き世帯向け】小学校受験するべきか判断する方法【3ステップ】
オンラインピアノレッスンの月謝は高い?料金相場と格安教室3選
中学受験で「伸びない子」には原因がある
中学受験はいつから始めるべきか?小5、小6でも間に合うのか


sidebanner
sidebanner
sidebanner