【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】

  • 2020/07/23
  • 板坂采佳
【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】
こどもにバレエを習わせたいけれど、どのくらい費用がかかるのか知りたいという方は多いでしょう。
そこで今回は、バレエ歴10年以上の筆者が、バレエを習ううえで月謝以外にかかる費用をまとめてみました。

板坂采佳のプロフィール
現在、国立大学に通っており、理学部で化学を学んでいます。
イギリスとアメリカに留学経験あり。
クラシックバレエを2歳より16年間、本格的に習っていました。

1.日常編

【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】
普段のレッスンにおいて、月謝以外にかかる費用は以下の通りです。
基本的には、レッスンに必要なものを購入する費用だとお考え下さい。


シューズ

布製のバレエシューズは踊っているうちに破れたり、トゥシューズは先が柔らかくなり過ぎたりします。
成長期の子どもなら、レオタードのサイズが合わなくなることもしばしば。
その場合は、シューズを買い替える必要があります。
バレエシューズは3,000円前後、トゥシューズは10,000円前後で購入可能です。


レオタード

価格は3,000円~10,000円と、やや高価です。
同じバレエ教室のお姉さんから、お下がりを頂いて着るという方もいます。
バレエショップやネットで購入できますが、お店でフィッティングしてから購入するのがおすすめ。
レオタードが気になってレッスンに集中できない、なんてことは避けたいところです。


タイツ

普通のタイツと同じように、履いていると伝線して破れてしまうこともあります。
小さな穴なら縫合すれば大丈夫ですが、筆者の場合は2~3か月に1本は購入していました。
レッスンの頻度が多い方は、洗い替えも必要です。
価格は2,000円前後と、バレエ用品の中ではやや安価。
足を怪我した時すぐに手当てできるよう、土踏まずの部分に最初から穴が開いているタイプがおすすめです。

2.発表会編

【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】
次に、筆者の経験から発表会にかかる費用について説明します。
バレエ教室によって異なるので、詳しく知りたい方は習っている先生に確認してくださいね。


出演料

発表会に出演する場合は、どの教室でも出演料が必要になります。
教室や出演する曲数、役によっても異なりますが、費用は30,000円~80,000円です。


衣装代

衣装代と一括りにしていますが、その内訳は主にレンタル・製作代とクリーニング代。
まず、外部から衣装をレンタルする場合はレンタル代、オリジナルで作ってもらう場合には衣装製作代が必要になります。 製作するとかなり高額になってしまいますが、後にコンクールや公演等で着る予定があるなら作っても良いでしょう。

発表会の本番が終わったら、衣装をクリーニングに出します。
ここで注意したいのが、衣装の取り扱いです。
特にレンタルした衣装の場合は、ファンデーションをつけてしまったり、スカートを踏んで破いたりしないよう細心の注意を払いましょう。
部分修理が必要な場合には、クリーニングに別途料金がかかる場合もあるためです。


写真代

ほとんどのバレエ教室が、発表会は舞台専門のカメラマンに写真撮影を依頼します。
父兄のビデオ・写真撮影が可能な場合でも、プロに任せると綺麗に撮ってもらえるので、記念に購入する方も多い印象ですね。
中には写真パネルやキーホルダーにしてもらえるサービスもあります。


メイク道具

舞台用のメイク道具を一式揃えるとなれば、かなり費用がかかってしまうのも事実です。
筆者の友人は、同じ教室のお姉さんがバレエをやめるときにもらっていました。
また、アイシャドウのラメやつけまつげなどは、100円ショップのものでも代用できます。
ファンデーションやアイライナーは、汗でも落ちにくい舞台用のものをつかうことをおすすめします。

3.その他

【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】
最後に、普段のレッスンや発表会以外でかかる費用は、以下の3つです。
筆者がバレエを習う上でかかったものを挙げていますが、場合によっては必要ありません。


小道具

バレエでは、扇子やタンバリンを持って踊ることもあります。
本番で使う小道具は教室が貸し出す場合もありますが、練習用は自分で準備するのが基本です。
練習用の小道具は安価なものでもじゅうぶんなので、フリーマーケットのアプリなどで探してみると良いでしょう。


病院・整体

筆者は膝や足が痛くなることが多々あり、整体や病院に通って治療していました。
筋肉がまだ発達していない状態で、間違った筋肉の使い方をしまったことが原因だと考えています。
正しく身体を使ったり足に合ったシューズを履いたりすることが大前提ですが、もしも痛みが出たときには、すぐに病院や整体に行くべきです。
「これくらい大丈夫」と放置してしまうと、後々悪化する恐れもあります。
身体のメンテナンスは怠らないようにしましょう。


チュチュスカート

コンクールや発表会の練習が始まったら、練習用のチュチュスカートを着用するよう指示されることがあります。 これは、衣装を着たときの見え方や、群舞での間隔を確認するためです。
バレエショップでは10,000円前後で販売されていますが、数千円で手作りすることもできます。

4.まとめ

バレエを習うために必要な費用をご紹介しました。
かなり費用がかさむと感じた方も多いでしょう。
しかし、チュチュを手作りしたり怪我を防いだりと、節約することも可能です。
これからお子様にバレエを習わせようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


音楽・芸術の教室はこちら

音楽・芸術に役立つ記事はこちら

【バレエ教室】バレエを習うことで得られる8つのスキル【メリット】

バレエを習うことで上手く踊れるようになったり、姿勢やスタイルが良くなったりします。今回はバレエで磨かれるスキルを8つご紹介します。

【バレエ教室】バレエの月謝以外にかかる費用はいくら?まとめ【費用内訳】

バレエを習ううえで月謝以外にかかる費用をまとめてみました。基本的にはレッスンに必要なものを購入する費用のまとめとなります。

【キッズ向け】トゥシューズの選び方とカスタマイズ方法【バレエシューズ】

トーシューズを履き始める方に向けてトゥシューズの選び方とカスタマイズ方法をご紹介。より快適に安全にトゥシューズで踊るために参考にしてください。

【長く続けられる】子どもに合うバレエ教室を選ぶ6つのポイント【子供のバレエ教室】

子どもがバレエを習いたいと言うけれど、どのようにして教室を選べばいいのか分からないという方は多くいらっしゃいます。教室選びのポイントを6つご紹介します。

バレエは美意識を育てる習い事

これからバレエ教室に通ってみたいという方に、どのような教室を選ぶとよいか、どのくらいの費用が掛かるのかご紹介します。

よく読まれている記事

小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?
中学受験の勉強の範囲はどこまで?独学でやっていけるのか
何から始める?元英会話講師おすすめ”効果的な英語学習法”【小学生編】
【キッズ向け】トゥシューズの選び方とカスタマイズ方法【バレエシューズ】
中学受験で「伸びない子」には原因がある