絵本の読み聞かせが子どもに与える、4つのメリット

  • 2019/10/26
  • chi93
子どもにとって、絵本の読み聞かせは大切な時間。日課にしている方も多いのではないでしょうか。ところが同時に、「絵本の読み聞かせは面倒」「読み聞かせをするのがちょっと苦手…」と感じている保護者の方もいらっしゃるでしょう。
絵本の読み聞かせは、子どもにどんな影響を与えるのでしょうか。将来の生活や学習に影響はあるのでしょうか?今回は、絵本の読み聞かせが子どもに与える、4つのメリットを紹介します。
articles0015

1.読書好きに育つと学力向上効果がある

幼い頃から絵本の読み聞かせを継続していると、子どもが読書好きに育ちます。
平成28年度に実施された「全国学力・学習調査」では、生活習慣や読書習慣と学力の関連性が調査されました。
平成28年度「全国学力・学習調査」

この調査よると、「1日当たりの読書時間が2時間以上ある」子どもは、「読書を全くしない」子どもに比べて、各教科の正答率が5ポイント程度高くなっています。さらに、「読書が好き」と答えた子どもの正答率は、「読書が全く好きでない」と答えた子どもと比べて、10ポイント程度も高くなっています。

このことから、日常的な読書習慣があったり、読書に対してポジティブな印象を抱いていたりしている子どもは、学力が身につきやすいことが分かります。子どもの将来にとって学力がなくてはならないわけではありませんが、学力があることで将来の選択肢が増えることも事実です。絵本の読み聞かせを通して子どもを読書好きに育てることは、子どもの将来にとっても有益であると言えるでしょう。

2.集中力が身につく

articles0015
テレビ、マンガ、ゲーム、そして動画の人気は幼い子どもたちにも広がっています。このようなツールの需要が高まることで、絵本を読み聞かせる機会が減っていることも事実です。確かにゲームや動画はおもしろいですし、疑問に分かりやすく答えてくれるかもしれません。ところが、テレビや動画は「ながら見」をしてしまうツールでもあります。「友だちや家族と話しながら動画を見る」「ご飯を食べながらテレビを観る」など、ひとつのことに集中しにくいのです。

一方で絵本の読み聞かせは、絵本だけに集中する時間を作ることができます。耳にした言葉から景色や感触を想像したり、主人公の心情を推測したり、頭の中でさまざまな処理を行っています。こうして「絵本」ひとつに集中する力を身につけることで、その後「学習」への集中力につながります。

3.世界観が広がり、優しい心が育つ

articles0015
子どもは、絵本を通して多くの人生体験を積むことができます。本の中には、日常生活では触れられないような風景、世界、環境があり、普段接することがないような登場人物が出てきます。「こんな景色が本当にあるのかな」「どうしてこの子は泣いたんだろう」「もしわたしがこの世界に行けたら…」など、想像をふくらまるでしょう。冒険物語が子どもたちから人気が高いのもうなずけます。想像力豊かな子どもたちは、いろいろな主人公になりきって冒険し、世界観を広げることができるのです。

また、絵本の読み聞かせを通して多くの物語に触れることで、多様性を受け入れたり、相手の気持ちを考えるコミュニケーション力につながったりします。自分とは違う考え方があること、相手の気持ちを思いやることが自然に身につけば、心優しい子どもへと成長します。生涯にわたって、子どもの人間関係を応援してくれるでしょう。

4.温かい親子のコミュニケーションになる

articles0015
子どもも大人も多忙を極める現代、親子のコミュニケーションはしっかり取れているでしょうか?
「共働きで一日中バタバタしている」
「スマホをいじりながら、つい“ながら育児”をしてしまう」
「下の子のお世話にかかりっきりで、きちんと遊んであげられない」
という保護者の方こそ、積極的に絵本の読み聞かせを行ってください。絵本を読み聞かせている間は、読み手も絵本に集中できます。 さらに、子どもを膝の上に座らせれば、スキンシップも図れます。保護者と子ども、一対一でじっくり向き合う時間になるでしょう。絵本を読み終えたら、絵本にまつわる話や、その日あった出来事を話し、温かいコミュニケーションの時間にしたいものです。

また、「子どもへの愛情表現が苦手」という方にも、絵本の読み聞かせがおすすめです。絵本の中には、子どもへの愛情がテーマになった絵本や、家族愛がテーマになっている絵本もあります。読み聞かせであれば、普段は口にしないような言葉でも自然と話せます。父親・母親からの温かい愛情を、絵本を通して子どもに伝えましょう。

5.おわりに

以上、絵本の読み聞かせが子どもに与える、4つのメリットを紹介しました。 学力向上や集中力向上はもちろん、世界観を広げたり、親子のコミュニケーションになったり、絵本の読み聞かせには良い効果がたくさんあります。1日10分でかまいません。親子で一緒に絵本と向き合い、特別な時間を過ごしてみませんか?

小学校受験に役立つ記事はこちら

なにから始める?家庭でできる幼児教育と、おすすめの知育玩具4選

「幼児教育」と聞くとどうしても難しい内容をイメージして身構えてしまいますが、実際は遊びの中から自然に始めることができるものばかりです。

子どもの能力を最大限に伸ばすためには、まず環境づくりを

親が子どもをどう育てるか、どんな環境で育てるかで、子どもの能力は大きく違ってきます。その環境づくりとは一体、どのようなものなのでしょうか。

絵本の読み聞かせが子どもに与える、4つのメリット

絵本の読み聞かせは、子どもにどんな影響を与えるのでしょうか。将来の生活や学習に影響はあるのでしょうか?今回は、絵本の読み聞かせが子どもに与える、4つのメリットを紹介します。

初めての習い事、何から始める?何歳から始める?

さまざまな習い事がある中、一体何をやらせればいいのか、何歳ぐらいから始めるのが妥当なのか、わからずに途方に暮れることもあるでしょう。お子さんの習い事、何から、いつから始めますか?

【子ども×教育】幼児教育がもたらす子どもへの効果。メリット・デメリットは?

幼児教育という言葉がママたちの間にも広く浸透し始めた昨今、まだ幼稚園にも行かないような小さなお子さんが習い事をしていることも珍しくなくなってきました。 子どもに何を学ばせるか、どう学ばせるか悩んでいるみなさんに、幼児教育をおこなうにあたり、知っておいてもらいたい情報をご紹介します。
sidebanner