中学校受験

私立中学校、国立大学付属中学校、公立中高一貫校に入学するための受験対策を行う教室です
school_detail01
中学校受験を行う中学校は、私立中学校(大学付属中学校や中高一貫校など)国立大学付属中学校公立中高一貫校の大きく3つに分類されます。

私立中学校(大学付属中学校)の特長は、中・高・大学まで一貫しているところが多く、中学校に入れば内部進学で大学まで行けることです。ただ、他の大学に行く生徒の多いところなどもあります。 私立中学校(中高一貫校)の特長は、大学受験を控えていますので、早くから大学受験に向けたカリキュラムになっているところがほとんどです。 また高校の段階で、外部からの募集を行うところ行わないところなど、学校によって教育方針が違います。
国立大学付属中学校の特長は、ほとんどの場合大学付属とはいえ大学に内部進学できないことです。また付属中学校だけがあって、付属高校がないところも多いです。 ただ、大学付属なだけあって学力レベルの高いところが多いので、教育環境と学費を考えると魅力的で人気が高いです。
公立中高一貫校の特長は、一般の公立中学、高校と同じ学費で、大学受験に向けた一貫した教育カリキュラムを受けられるところです。

中学受験の出題範囲は、近年は知識を応用したり論理的に考えたり、など考える力を問われる問題が多くなってきています。
中学校受験の教室を探す

幼児教室探しに役立つ記事はこちら

【小学校受験】塾・幼児教室の失敗しない選び方

子供の小学校受験を考え始めたら、塾や幼児教室への入会を検討する保護者が大半かと思います。 しかし、はじめての小学校受験では「いつから塾に通い始めればいいの?」「塾や幼児教室なしで合格は不可能?」「何を基準に決めればいい?」など、分からないことも多いもの。 この記事では、小学校受験向けの塾や幼児教室選びのポイントを解説します。

小学校受験の日程やスケジュール、いつどう動くのが正解?

「小学校受験」に関しては、高校受験等とは異なり、通常幼稚園や保育園から特に案内されることはなく保護者が主体的に情報を集める必要があります。 今回の記事では、首都圏を中心とした国立・私立小学校受験を考えている保護者向けに、日程やスケジュールを紹介。いつごろ何をしていくべきなのかを解説します。
schooleyecatch